肌,トラブル

子どもの頃からお肌のトラブルで悩んだことはありません。

小学生の頃から、母のススメでお風呂上がりには母の化粧水をつけていました。そのおかげか、小学校・中学校・高校と、ニキビや肌荒れに悩まされることはなく、それが普通のことだと思っていました。大学入学後、やたらと周りからお肌のことを褒められることが増え、美容方法などを聞かれることが多かったです。自分的には特別な手入れは何もしていなかったので、それを伝えたのですが、なかなか信じてもらえませんでした。20代になり、初めて美容やお肌に気を遣うようになり、化粧水など色々見て回る機会が増えました。そのとき初めて自分が子どもの頃から使っている化粧水の値段やブランドを知り、他の化粧水に比べて高額だったことに驚きました。自分で化粧水や化粧品を購入するようになり、お手頃価格なものに一度手を出したのですが、一発で違いに気づいたので、すぐに元の物に戻しました。でも、その価値はあったと思います。おかげでお肌のことで悩んだりすることなく、楽しく過ごすことが出来ました。子どもの頃からの手入れって本当に大切だなと思いました。そして、 今でもその化粧水を愛用しています。出費はかなり応えますが、女性としての必要経費だと思って頑張ってます!